2016年1月9日土曜日

電車とレンタサイクルによる客先回り

ん〜、久しぶりに更新します。

12/15 ぐらいから年末年始、交通量が増えています。
冬休みのレジャーで車を使うことや、
普段の営業活動以外に年末のカレンダー配りや挨拶回りの仕事が発生しているため、
都市部の道路は慢性的に渋滞しています。
さらに、車が増えれば事故も増えるわけで、
車移動は時間が読めません。


ふと思い立って、電車とレンタサイクルを活用してみることにしました。

茨木市のレンタサイクルは1回につき200円と、値段設定が良心的なほか、
JR茨木、阪急茨木市、阪急南茨木のどこで借りても、他の所で返せるというメリットがあります。
ただ、貸してくれる自転車はかなりギア比の低いものなので、
スピードはあまり出せません。
Apple Watch のワークアウトで計測していましたが、25km/h 出せませんでした…


メリットとデメリットを簡単に・・・
まずはメリット

  • 運動になり健康に良い
  • 時間が読める
  • 電車移動中に資料などを読める
  • 電車移動中に寝れる
  • 高速代と比べても安い


次に、デメリット
  • 運べる荷物に限界がある
  • iPhone のバッテリーはかなり食う
  • 突然の雨だと…
  • 真夏・真冬は辛い
  • 予定外のクレーム等の連絡に、すぐに駆けつけられない



2015年9月1日火曜日

我が家の事件簿

家に帰ると、ソファの下に気になる物体が…!!




イカにも臭いそうな塊…


妻とどっちが取るのかという争いになりましたが、


私の食事を用意してくれる前にこれを触るというのは、それはそれで…



というわけで、私が取りましたよ…










まさか、かりんとうだったとは…


濡れティッシュがちょっと茶色くなってますけど、かりんとうでした。

2015年5月16日土曜日

Apple Watch レポートその3

Apple Watch を使って3週間が経ちました。徐々に色々慣れてきました。まだ色々試しながら使っています。今回も良い点と、悪い点をまとめます。

まずは良い点から
  • Apple Map によるナビ、車を運転しているときには案外いいです。右左折などのポイントとなる交差点の少し前の、割とちょうどいいタイミングで振動してくれるので、画面見なくても案外迷いません。
  • iPhone を探すときに音を鳴らせる。このため、すぐに見つかります。
  • 音声入力によるメール返信は、ちょっとした返信に便利。
  • 着信があったときに、Watchを手で覆うと、拒否できる。
  • ゴルフの距離測定アプリもある模様。ただし、月額360円。
  • 前も書きましたが、話題性!!

そして、悪い点
  • ハンズフリー通話できるが、車だとエンジン音とロードノイズ等で音声がほとんど聞こえない。
  • Apple Map でデジタルクラウンを回しても拡大縮小しない時がある
  • アプリのインストール中でコケると、途中のアイコンがいつまでも表示されている
  • バグがあったらとりあえず再起動。OS は Windows だったりして・・・
  • スケジュールアプリ、1週間程度しか確認できない
  • 老眼の人には見えないらしい

未だに私以外で使っている人を見ないので、実際に使った人同士での情報交感できないというデメリットもありますが、それゆえに話題性はとても高いです。機能的には、一言で言えば、「iPhone の子機」という表現がピッタリです。

そこのアナタ!お一ついかがですか?

2015年5月2日土曜日

Apple Watch 使用後1週間の感想など

Apple Watch のある生活を1週間してました。とりあえず、感じたことなどをメモしていきます。
まずは、メリットやできること等から

  • アクティビティとワークアウトのおかげで、運動しようという動機になる
  • 全ての iPhone の通知が Watch で見れるため、iPhone をイチイチ確認しなくていい。
  • カメラが遠隔操作できるため、隠し自撮りするのに便利。
  • 地図が見たいとき、Watch で見れる
  • 話題性
  • 電話できる
  • Evernote を確認できる
  • Twitter にも投稿できるっぽい
  • デフォルトのスタンプだけだが、Line に返信できる
  • Hey siri!

そして、デメリット。普段時計していないという個人的な理由以外を挙げます。
  • ワークアウトにバグっぽい症状が・・・。うまく距離が測定できないときがあるけど。もうちょっとデータを集めてまとめます。
  • バッテリーが弱い。アプリを色々使うと1日もたなさそう
  • iPhone が近くに無いと機能がかなり制限される。つまり、走る時も持っていた方が・・・
  • Watch のマップが Apple のマップ (Google Map じゃない)
  • Hey siri!


挙げれば色々出てくるのですが、会う人との話が盛り上がるというのがある意味一番いいことのような気がする1週間でした。



で、そんな中、人間の深層心理(?)が見えてきました。



それは・・・




















カメラのリモート機能を話すと10人中、10人が悪い用途を思いつくようです。
これには男女差なく、全員が同じことを言っていました。

大事な事(!?)なので、繰り返します。カメラのリモート機能と聞いて思いつくことは、盗撮である。

オッサンはもちろん、キレイなお姉さんや、割と若い女性まで例外なく!

2015年4月26日日曜日

Apple Watch 使用感 - 1日目 -

今日1日、ずっと Apple Watch をつけたまま生活していました。始めて使った感想をまとめます。

まず、時系列でどのように使ったかです。
 6:30 起床
 7:30 Apple Watch 装着
 8:00 - 10:00 フットサル(ワークアウトをずっと使用)
 11:00 - 11:15 自転車で駅まで(ワークアウトをずっと使用)
 15:00 - 21:30 Apple Watch を省エネモードに
 22:30 - 22:45 自転車で駅から帰宅(ワークアウトをずっと使用)

上記の行動による、バッテリー残量の推移です。
10:00 の時点でバッテリー残量は 70% を割り込んでいて、12:00 の時点で 50% 程度でした。15:00 ごろ、35% まで減ったので、省エネモードで温存させました。21:30 ごろに戻した時点で 33% 程度でした。帰宅時のバッテリーは 20% 程度でした。不要な時がハッキリしているなら、省エネモードを上手く使いましょう。いずれにしても、バッテリーはもうちょっと欲しいところです。普段は外出先でも充電する必要がある!?
一方、充電は2時間繋いだら 100% になっています。単純に容量が少ないのでしょうか!?


続いて、アプリのレビューです。
ワークアウトアプリはスポーツにおける消費カロリー、走行距離、時間等を記録してくれます。自転車で走った距離やフットサル中に走った距離を残せるのでなかなか面白いです。この距離の測定は iPhone の GPS を使っているらしいのですが、iPhone のバッテリーはあまり食いません。

Line は新着メッセージの表示(写真も可)と、それに対するスタンプによる返信だけできます。機能がかなり制限されているため、使い勝手は微妙なところです。

その他のアプリは、まだ Gigazine にある解説の程度しか試していません。

2014年10月23日木曜日

中国から壁をを越えてみる

準備編にて iPhone 等のデバイスの設定が完了し、現地に行ってまいりました。
ネットにつないで ssh ログインし、Facebook アプリを立ち上げると・・・、あれ?繋がらない。Line も全く繋がらない。

アレコレ試してみた後、Facebook にはブラウザからアクセスすると繋がりました。アプリだと HTTP(S) 以外で通信している模様です。

Line はトンネル掘っても全く繋がらないのですが、iPhone の通知には現れます。ひとことメッセージぐらいなら読めますが、返信はできません・・・

また、衝撃的だったのが、Google を封鎖している点です。ブラウザの検索を Google に設定しているので、何を調べようにも全くアクセスできず、イチイチ Yahoo に繋いでから調べるという面倒なことをしておりました。もちろん、検索以外にも、Google Drive, Google Map 等もアクセスできないので、地図を調べるときには Apple 純正 Map を使いました。パチンコガンダム駅を調べた時以来の立ち上げです。まさか使うことになるとは・・・。そして、何故か Gmail だけはメールアプリでアクセスできたのですが、これも使えなくなるのは時間の問題でしょうか?

もはや、VPN 立てるぐらいしか対策がない??

空気の汚さや食材の汚染だけでなく、あらゆる面で生活しにくい国になってきました・・・


2014年10月13日月曜日

中国から iPhone/iPad で Line/Facebook 等にアクセスする (準備編)

半年ぶりの Blog となってしまいました。 m(_;_)m
久しぶりに中国に出張するのですが、Facebook だけでなく、Line まで使えなくなってしまっている模様です。Great Firewall をくぐり抜けて Facebook や Line を使えるか、実験してみます。実際にアクセスできるかどうかは、現地からの投稿をお待ちください。ただし、マニアックなやり方につき、あまり実用的ではありませんが、何かのご参考になれば幸いです。

準備編
  1. SSH でログインでき、プロキシが動いているサーバを用意する
    iPhone/iPad での話でないので詳細は割愛します。なお、SSH のポートは 22 以外にしておいた方がいいかもしれません。
  2. iPhone/iPad vSSH Lite をインストールし、ポートフォワーディングの設定する
    単一ポートのトンネルを掘るだけなら、無償の Lite 版で可能です。設定内容は次のとおりです。Protocol は SSH, Host/Port/User Name/Passwordは上記サーバのものを指定。鍵認証をする場合は、秘密鍵のインポートもお忘れ無く。下の「Keys」タブから設定できます。そして、Port forwarding の設定で、Type を Local, Source の Host を localhost, Port を 8888, Destination の Host も localhost, Port を上記 1. のサーバにインストールしたプロキシのポートを指定します。双方を localhost にしておくのがポイントです。なお、Source Port は 8888 以外でも大丈夫です。
  3. 実際にプロキシを使ってみてアクセスできるかテストする
    iPhone/iPad のネットワークの設定で、現在繋がっている wifi の設定で、HTTP PROXY を Server を localhost, Port を上記 2. で設定した Source Port を指定します。このうえで、vSSH Lite で 2. の設定でログインし、Facebook/Line やブラウザなどでアクセスできることを確認します。
プロキシ経由でアクセスできれば、準備完了です。後は結果をお待ちください。

なお、ネット上には iPhone/iPad で鍵認証ができてポートフォワーディング可能な SSH クライアントは有償しかないというような情報が散見されますが、無償でも上記の vSSH Lite ならできます。